• Home
  • 個人情報に関する取扱
  • サイト利用規約
  • 運営者情報
  • 日本と海外の株価指数を知って、投資を成功させる

    12月 6, 2016 by  
    Filed under CFD

    株価指数とは、ある一定の計算方法で総合し、数値で現したもので、株式の相場を示すために使われるものです。
    日本の株価指数は「日経平均株価」と「TOPX」の2種類があります。
    前者は東京証券取引所で一部上場するメイン柄のうち、225の株価から平均を算出したもの、後者は東証株式指数といい、東証市場の一部上場の全銘柄を対象として公表しているものです。

    海外はまた違うものがあります。
    アメリカでは、これもよく耳にすると思いますが、ダウ・ジョーンズ社が出す「ダウ平均株価」、各銘柄の株価を足して、その数で割り、平均した数字です。そしてナスダック総合指数は、アメリカのベンチャー企業向け株式、ナスダックで取引されているものの平均となります。
    特にナスダックはマイクロソフトなど大きな会やも入っているので、かなり注目されているものと言えます。

    外国為替の取引をしよう、株の取り引きをしようと思ったら、国内ばかりに目を向けているわけにもいきません。
    きちんと海外の株価指数を知り、もちろん日本の株価指数を知り、多方面から総合的に検討する力を身に着けておかなければ、海外投資に成功する確率は低くなってしまいます。
    国内でのもうけが期待できない今だからこそ、しっかり海外の情報を仕入れ、検討していきたいものですね。

    Comments?