• Home
  • 個人情報に関する取扱
  • サイト利用規約
  • 運営者情報
  • 株価指数CFDと商品CFD、どちらにお金を投資する?

    12月 2, 2016 by  
    Filed under CFD

    CFD取引にはいくつかの投資先があります。
    その中でも比較的リスクが低く、初心者向けと言われるのが株価指数CFDです。
    これは株取引とはいえ、各企業が持っている個別の株に投資するわけではないので、その企業の業績などを逐一調べる必要がありません。
    株取引の中でも比較的簡単に、安心してお金を投資できるものと言えます。

    そしてもう1つ、最近注目を集めている商品CFDというものがあります。
    これはコモディティ市場に投資するというものです。
    コモディティ市場とは、資源や貴金属、穀物類といった商品を投資対象とする取引市場です。
    バイオ燃料の開発や、いわゆる新興国と呼ばれる国々の高い成長率のおかげで、コモディティ市場で取引される先物商品と呼ばれるものの価格がぐん、と高くなっています。
    そのおかげで注目を集めているのです。

    特に商品CFDは特徴的です。
    市場に24時間市場にアクセスすることができます。
    通常商品先物取引というのは日中にしか取引ができないのですが、この商品CFDにおいては夜中もOK。
    昼間忙しい、早朝しか時間がないという方でも気軽に取引に参加することができるのです。

    どちらがお金が儲かる、と一概には言えませんが、どちらにも少額ずつトライして、自分に向いたものを見極めるというのが確実な方法なのでは、と感じます。

    Comments?